通学で勉強に集中する

この記事をシェアする

通学はやる気を上げる

決められた時間に学校へ通って講義を受けるスタイルは、通信や独学でなりがちなモチベーション低下をなくすことができます。また講義日程も決まっていて、学習ペースを作りやすいことから、独学でサボりがちな人には、おすすめのスタイルだといえます。
そして講師が実際に講義を行っているのでもし分からないことがあれば直接質問することで、必ず相談に乗ってくれるし、その場で解決もできます。

さらに学校のテキストなどは、必要最小限にまとめられているものがほとんどで、学習にかかる負担をできるだけ軽くなるように工夫されています。
学校でありながら、年齢層の受講者や他の資格講座の受験者と接する機会も多いので、ここで勉強仲間を作っておくのもありかもしれません。

時間に縛られやすく、費用も高い

通学のデメリットは、毎回学校に同じ時間で通学しなければならないという時間的な拘束があります。さらに自宅の近くに学校がないと、通学時間や費用がかかりやすくなったりしたりと、毎回通うのが厳しかったりします。
そして受講料は通信講座と比較すると、高めに設定されていることもあります。

しかし費用が高い反面、各学校では授業を休んでしまった時に備えて、別の日の振替受講やWebでの再受講などがあったりと、フォロー制度を用意しております。そのため仕事が忙しい人でもこれらを上手く活用すれば、授業の遅れを取り戻すことができます。
そしてただ講義に出席するだけでなく、その資格試験に受かるためにも自習を怠らないようにしましょう。